キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

妊娠中にキャビテーションを受けるのはOK? 胎児への影響は?

キャビテーションはエステサロンなどで受けられる痩身術の1つ。
ダイエットのサポートとして受けることで、むくみのないスッキリとしたボディを手に入れられると話題です。

しかし、せっかく効果が出てきたというときに「妊娠が分かった」という場合、そのままキャビテーションを受けてもいいのでしょうか。
今回は、気になる妊娠中のキャビテーションについてご紹介いたします。

妊娠中のキャビテーションは受けられるもの?

一般的なエステサロンでは、妊娠中や妊娠の可能性がある場合、キャビテーションを受けることはできないとされています。
しかし、妊娠中にキャビテーションを受けたとしても、胎児に直接の影響があるとは考えられていません。

そのため、仮にキャビテーションを受けたのちに妊娠していたことが分かったとしても、胎児に影響があるわけではないので心配はありません。

万が一のことを考えて妊娠中のキャビテーションは避けるべき

「胎児に影響がないのなら、妊娠していてもキャビテーションを受けてもいいのでは?」と思ってしまいますが、やはり避けたほうがいいでしょう。
その理由は、「妊娠中は何が起こるか分からない」ということです。

キャビテーションを受けている間は、同じ姿勢を取らなければならず、少なくとも妊娠した体には負担となります。
妊娠初期は体調が安定しないこともありますし、妊娠中期以降はおなかが大きく目立ち始め、ちょっとしたことでも体がつらく感じてしまうことも珍しくありません。
万が一のことを考えて、妊娠中はキャビテーションを受けるのは避けるべきでしょう。

産後のほうが大きな効果を得られることも

「妊娠していても問題がないなら、初期までは受けてしまおう!」という思いもあるでしょう。しかし、妊娠中はただでさえ脂肪を溜めやすい時期です。
何もしていなくても赤ちゃんと自分の体を守るために、体重が増加したりボディラインが変わるのは自然なこと。

妊娠したことが分かったらキャビテーションは一旦お休みをして、産後体が落ち着いてから受けたほうが効果を得やすいといわれています。
産後は体が自然と元の体型に戻ろうとします。

それを利用しながらキャビテーションを受けることで、妊娠中よりも産後のほうが大きな効果を得ることができるケースが多いのです。
ほんの数か月ですから、その間は施術を受けるのは我慢して、体調が落ち着いてからしっかりと受けるようにしましょう。


女性にとって体型維持はとても重要なことですが、妊娠はそれとは比べものにならないくらい大切なことです。
まずはお腹の子のことを第一に考えて、安静に過ごすことが一番大切。産後の体型戻しとしてキャビテーションを取り入れるようにしましょう。

―2016年9月2日

キャビテーションを受けるなら、
「即効痩せキャビテーションコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●痩身効果を実感したい!
  • ●もうリバウンドはしたくない!
  • ●短期間で痩せたい!
  • ●楽して痩せたい!
  • ●メスを使った脂肪吸引は少し怖い・・・

pagetop

pagetop