キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

痩せるチャンス「キャビテーション効果の持続期間」

キャビテーションの施術後は、体内の脂肪が分解されて消費しやすい状態なっています。
でもその効果はどれくらいの期間、持続するものなのでしょうか?

キャビテーションで満足できる結果を生むために、効果の持続日数と、効果をアップさせる方法をご紹介します。

キャビテーション後は「痩せ体質」になる!

キャビテーションは脂肪細胞を超音波で破壊し、燃えやすくしたり、体の外に排出しやすい状態にします。
そのため、キャビテーション後は体内の脂肪が減りやすい「痩せ体質」になるのです。

たとえば痩せ体質になっている間に運動やリンパマッサージをすれば、その分サイズダウンしやすくなります。
「ダイエットをしても何の効果もなかった……」という人でも、キャビテーション後は嬉しい変化が期待できるのです。

また、キャビテーションは脂肪細胞を”小さくする”のではなく、脂肪そのものを”減らす”施術です。
そのため、痩せ体質になっている期間に脂肪を消費したり排出することで、リバウンド知らずの痩身を叶えることができます。

キャビテーションの効果の持続期間

体質などによって個人差はありますが、キャビテーションの効果の持続期間はおよそ3~4日間だといわれています。
つまりキャビテーション後3~4日間は、痩せ体質になっているということ。

脂肪が燃えやすく排出しやすい体になっているチャンスを無駄にしないよう、以下のことを実践するようにしましょう。

キャビテーション後にしたほうが良いこと

«リンパマッサージ»
リンパマッサージをすることによって、溶けた脂肪を体の外に排出することができます。
施術後にはエステでもマッサージを行いますが、自宅でもお風呂あがりなどに実践することをお勧めします。


«有酸素運動»
溶け出した脂肪は燃えやすい状態になっているので、有酸素運動をすればさらに痩身効果を高めることができます。
1駅歩く程度のウォーキングでも構わないので、キャビテーション後はこまめに動くようにしましょう。


«ストレッチ»
ストレッチも体の代謝を上げるため、溶けた脂肪が消費されやすくなります。
筋肉を気持ちよく伸ばして、美しく引き締まった体を作りましょう。


«低糖質・低脂肪・高タンパク質な食事»
キャビテーション後は低糖質・低脂肪の食事をすることで、体内の脂肪の消費率を高めることができます。
筋肉を増やして代謝を良くするためにも、鶏ささみや大豆製品などを取り入れた高タンパク質な食事を心がけましょう。


せっかくキャビテーションの施術を受けるなら、その効果を最大限に引き上げたいことでしょう。
施術日の前後の予定も勘案しながら、キャビテーションを行ってみてください。

―2016年8月4日

キャビテーションを受けるなら、
「即効痩せキャビテーションコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●痩身効果を実感したい!
  • ●もうリバウンドはしたくない!
  • ●短期間で痩せたい!
  • ●楽して痩せたい!
  • ●メスを使った脂肪吸引は少し怖い・・・

pagetop

pagetop