キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

エステのキャビテーションマシンで痩せる原理を徹底解明

キャビテーションマシンが痩身に効果的と言われる原理とは

最近、痩身になりたい方の中で人気の施術がキャビテーションです。
短期間で痩身に近づける即効性があり、安全性も高く施術を受けられることがキャビテーションの大きな魅力でもあり人気の理由です。
そんな、人体の影響も少なく即効性に優れたキャビテーション施術は、どんな原理で痩身に近づくことが出来るのでしょう。

キャビテーション施術の原理は特殊な超音波を当て脂肪細胞を溶かすことです。
キャビテーションマシンは、超音波を脂肪にピンポイントで当てることで、脂肪細胞中の気圧を下げ、液体中の沸点も下げます。
沸点が下がることで、気温が低くても液体中が沸騰し、脂肪細胞中に気泡が発生します。

その際に、大きくなった気泡が弾けるエネルギーによって、脂肪を分解させ柔らかく乳化させます。
この一連の流れにより、痩身効果の即効性が生まれ、また、分解した脂肪細胞は再生せずリバウンドしにくくなります。

キャビテーションマシンについて

即効性の高い痩身効果、リバウンドしにくいなど魅力が高いキャビテーションマシンですが、エステサロンの他にもセルフで購入することも可能です。
特に最近では、自宅用のキャビテーションマシンが販売されたことで、自宅でも気軽にキャビテーションを受けることが可能です。

お値段も30,000~200,000円ぐらいまでと幅広く、個人でも手軽に手に入る金額のキャビテーションマシンもあります。

自宅用マシンとエステでのキャビテーションマシンの違いとは

自宅用キャビテーションマシンのメリットは、好きな時に自宅で使用することができるという点です。
忙しくエステサロンやクリニックに通うことが難しい方にはとてもメリットがあります。
出力もエステサロンで使われているものと比べると大差がありません。

しかし、自宅用キャビテーションマシンだけでは効果を実感するのは難しいといえます。
なぜならば、エステサロンに関しては、スタッフのキャビテーションの取り扱い方や、施術後のハンドマッサージ、他のマシンとの組み合わせなどにより、効果を実感しやすいケアが行き届いていくからです。

より効果を求めるなら、エステサロンで取り扱うキャビテーションを受けたほうが、実感しやすいといえるでしょう。

キャビテーションの効果をより引き出すためには

キャビテーションの使用を熟知したプロから受けることは重要です。
しかし、キャビテーションをただ受けるだけでは、効果をより実感することは難しいでしょう。

そこで、キャビテーションの効果をより実感したい方のために必要なことをご紹介します。
必要なことは大きく2つあります。

① マッサージを行い脂肪を揉みほぐす
② たくさんの水分補給を行う事。

効果を実感しやすくなるために、キャビテーション施術を受ける前にマッサージを行うことが重要です。

マッサージを行うことにより、脂肪がより柔らかくなり、キャビテーションで脂肪を溶けやすくすることが可能です。
受ける前は自分で、もしくはお店でマッサージを行うことでより効果を実感しやすくなります。

次にたくさんの水分を補給することが効果を実感しやすくなる上で重要となってきます。
水分をたくさん補給することで代謝が良くなり、溶けた脂肪が汗や尿となり体外に排泄されやすくなる為です。
排泄されやすくなることで、溶けた脂肪が体内から無くなり、引き締まったボディラインに近づくことが可能です。

効果をより実感するためには、自分で行えるケアが重要になってきます。
キャビテーションを受けるだけで良いと思ってはいけません。

オススメのキャビテーション施術法

効果をより実感するためにはケアが重要になってきます。

シーズ・ラボではキャビテーション施術のアフターケアにも力を入れています。
例えば、施術後の食事内容のアドバイスをすることで、痩身効果をより高めるサポートにも対応しています。
また、日本で初導入した温冷機能付きキャビテーションを使用することで、脂肪の分解から排泄まで行い引き締まったボディラインに近づくことが可能です。
よりご自身の体質の合ったダイエットが可能になる肥満遺伝子検査もオプションで受けられます。

施術からアフターケアまでトータルでサポートさせて頂きます。
初めての施術で心配の方は是非、ご相談にご来院して下さい。

―2015年9月8日

キャビテーションを受けるなら、
「即効痩せキャビテーションコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●痩身効果を実感したい!
  • ●もうリバウンドはしたくない!
  • ●短期間で痩せたい!
  • ●楽して痩せたい!
  • ●メスを使った脂肪吸引は少し怖い・・・

pagetop

pagetop